FinTech(フィンテック)活用による経理業務の省力化について

FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結び付けた様々な革新的な動きを指します。身近な例では、金融機関のインターネットバンキングサービスもその一つです。

経理担当者が操作する会計システムにFinTech(フィンテック)を活用することで、経理担当者の業務は大幅に軽減することができます。場合によっては、営業担当者が経理を兼務できるほど軽減することも可能です。
会計システムと結び付けることで事務負担が軽減できる情報には、金融機関の口座情報・クレジットカードの利用情報などが考えられます。毎月交わされる定型取引などは、仕訳ルールを設定することで勘定科目の選択の必要性が無くなります。毎月決まった取引先から入金があり、決まった仕入先に支払いがされる会社がほとんどです。仕訳ルールの設定に間違いがなければ機械的に仕訳がされていきます。クレジットカードの利用明細も同様で、“○○石油“は”車両費“とする仕訳ルールを設定していれば問題ありません。小口現金を使う頻度を減らして、クレジットカード決済を利用することで経理担当者の業務負担は軽減されます。

弊社では事業規模に合わせて、FinTech(フィンテック)に対応した2つのシステムを選択して導入を支援しています。
〇比較的規模の大きな事業者様にはTKCの会計システム
https://www.tkc.jp/fx
〇比較的規模の小さな創業間もない事業者様にはfreeeの会計システム
https://www.freee.co.jp/houjin/

また、経理業務のアウトソーシングの場合にも、FinTech(フィンテック)を活用することで弊社の負担を減らして顧問先様に負担のない料金設定をさせて頂いています。
経理業務の省力化・経理業務のアウトソーシングに興味がある方は、【松浦公認会計士・税理士事務所】までお気軽にお問い合わせください。