中小企業で退職金制度を簡単に確立できる“中小企業退職金共済”

中小企業退職金共済(以下、中退共という)という制度をご存じですか?
昭和34年に中小企業退職金共済法に基づき設けられた中小企業のための国の退職金制度です。中退共制度を利用すれば、安全・確実・有利に、そして管理も簡単な退職金制度を確立することができます。

制度の目的・しくみ

中退共制度は、中小企業者の相互共済と国の援助で退職金制度を確立し、中小企業の従業員の福祉の増進と、中小企業の振興に寄与することを目的としています。
中退共制度のしくみは、まず事業主が中退共と退職金共済契約を結び、毎月の掛金を納付します。従業員が退職したときは、その従業員に中退共から退職金が直接支払われます。

制度ならではの特色

・一定の場合に国から掛金の助成があり
・税法上、掛金は損金もしくは必要経費として処理が可能
・管理が簡単(掛金の口座振替、従業員ごとの管理など)
・掛金の前納が可能
・中退共加入者のみが利用できる提携割引サービスがある

制度を利用することのメリット

中退共制度を利用することで、退職金制度を確立できるため、求人がしやすく・離職率を抑えることができます。多くの業界で、人材不足となり・雇用問題を抱えるなか、中退共制度を利用することで従業員に働きやすい職場・やりがいのある環境を用意することができます。

退職金制度を確立したい方はお気軽にお問い合わせください。
ご相談は【中小企業の味方 松浦会計事務所】までお気軽にご相談下さい。