中小企業の味方!経営セーフティ共済とは…

中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)は、取引先事業者が倒産し、売掛金債権等が回収困難になった場合に、貸付が受けられる共済制度です。「もしも」のときの資金調達手段として当面の資金繰りをバックアップして、中小企業の連鎖倒産や経営難に陥ることを防止できます。
中小企業経営者にとってメリットが大きい制度であるため、ぜひ検討して頂きたい制度です。今回は中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)の①制度概要や➁共済のメリット・デメリットなどをまとめました。

①中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)とは

中小企業倒産防止共済は、中小企業基盤整備機構が中小企業向けに提供している共済制度です。掛金を納めることによって、取引先の倒産による資金繰りの悪化などの場合に、無担保・無保証人で納めた掛金の最大10倍(上限8,000万円)の資金を速やかに借り入れることができます。
中小企業は、取引先が倒産することにより甚大な影響を受けるケースがあります。取引先の倒産はまずにキャッシュフローの悪化を引き起こします。次に金融機関に融資を申し込むと融資審査は慎重になり、融資実行まで時間を要し資金繰りが困難な状況が続きます。そのような場合に、中小企業倒産防止共済の共済金で一時的に運転資金を確保することができます。

➁中小企業倒産防止共済 加入のメリット・デメリット

メリット
・借入れが可能
・掛金が全額経費となる
・掛金を納付できるのは最大800万円まで
・解約時には掛金が戻ってくる

デメリット
・加入できる事業者には要件がある
・納付期間が40カ月以下の場合には掛金の一部が返らない
・解約返戻金を受け取ったら全額が利益となり課税される

上記の通り、上手に使えば中小企業にとって心強い味方です。しかし、デメリットもあるため、より効果的に中小企業倒産防止共済を活用するには税理士等の専門家にアドバイスを受けることをおすすめします。


ご相談は【中小企業の味方 松浦会計事務所】までお気軽にご相談下さい。